熟年離婚を申し出るにしても、やはりできれば新しい生活のためにも、取れるものはとっておきたいもの。
財産分与の他にも、慰謝料もできれば請求したい。

このように思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、離婚の際に慰謝料を貰えるケースはどういったものなのか。

また慰謝料の相場価格はどのくらいなのかについて紹介していきましょう。

熟年離婚から慰謝料を請求できるケースは稀なのかもしれない

離婚が成立すれば、どんな理由であっても慰謝料を貰うことができるのかといえば、そうではありません。

慰謝料という文字を見れば、想像がつくでしょうが、「慰める」「謝る」ということに対してのお金になります。
つまり、何かしらのひどい思いをしていないと、慰謝料を取ることは難しいです。

慰謝料を取れるケースとしては、浮気や不倫をされてしまった場合。
他にもセックスレスの状態になってしまった場合。
最後にドメスティックバイオレンスを受けた。
モラルハラスメントを受けている場合になります。

いわゆる「精神的な苦痛」に対しての贖罪のためのお金ですから、こういったものがない場合には、慰謝料を請求することは難しいわけです。

熟年離婚による慰謝料の相場はどのくらい?

さて、前述にもある通り、精神的な苦痛を経験していなければ、慰謝料は請求できないことが分かりました。

まずドメスティックバイオレンスや、モラルハラスメントですが、これは慰謝料の中では、相場は一番安め。
50万円から300万円というところが相場です。

暴力などもありますし、生命の危険に晒されるといったことを考えると、安いと思う方は多いものではないでしょうか。

次にセックスレス。
セックスレスは、離婚の理由になる非常に大きな要因です。
セックスができる能力があるにも関わらず、それをしない。

この精神的な苦痛は相当なものと判断されます。
ですから、100万円から300万円と慰謝料も高めに設定されています。

最後に浮気や不倫です。
いわゆる「不貞行為」をした場合には、100万円から500万円といった慰謝料が相場になります。

ただしこれはあくまでも「相場」です。
精神的な苦痛を受けていた期間がどのくらいなのか。
また、それを加えてきたパートナーの年収が高いといった場合には、高額な慰謝料を請求することが可能なのです。

第二の人生のためにも覚えておきましょう。