婚活ブームは皆さんご存じでしょうが、離活と呼ばれる離婚をするために行う準備活動も、活発に行われていることはご存知でしょうか。

特に中高年世代の離活率は非常に高い状況です。
この離活をしているのは、妻側が多いものですが、離活は精力的な割に、実際に離婚の決断をされる方は少ないようです。

この理由をここでは紹介していきましょう。

周囲で離活がブームになっているわけとは

近年では、離婚に向けての準備活動=離活がブームになっています。
しかしながら、いまいち報道をされていなかったり、世の中の方の認知度が少ないのは、実際に活動はしているものの、離婚の決断をして実行したという方が少ないからです。

離活が話題になったのは、2007年に施行された年金分割制度の影響が大きいです。
年金が分割できるということで、これによって熟年離婚が一気に増加するのでは?と懸念されたわけです。

実際に「離婚の準備」である離活を始めた専業主婦が増加しましたが、実際に離婚に至ったケースは非常に少なかったわけです。

しかしながら、これまでみとめられていなかった、厚生年金の分割ができるということで、離婚に対して前向きに動いた主婦達が増加したというのは事実としてあるのです。

これまでにどうして離婚に踏み出さなかったのか?

なぜ離活までして実際に離婚届を出さなかったのか?
それは、自活をすることが難しいということが離活によって判明したからです。

厚生年金の分割までできることが分かっても、実際にもらえる生活費は雀の涙といった程度。
これでは一人だとしても生きていくことが不可能と判断された主婦の方が多かったわけです。

結果として、完全に心の中では、夫に対しての愛情などは失っているはずなのに、離婚届を出すまでに至らなかったという状態に至ったのです。

離婚に踏み出す専業主婦は増加する傾向にある

婚活と同様に離活という離婚に向けた活動がブームになっています。
しかしながら、離活をしても、実際に離婚届を出している専業主婦は極少数に留まっています。

その理由は、厚生年金を分割できたとしても、一人で自活をしていくために必要な資金には程遠いという現実を把握できたから。

しかしながら、なんとか自活をするための資金を貯めれば、実際に離婚に踏み出す専業主婦は増加していくかもしれません。